過去の大会・研究大会

日本協同組合学会大会一覧

  年月 共通論題 会 場
第1回 1981年4月 現代社会における協同組合運動の役割 日本大(経)
第2回 1982年10月 協同組合原則と事業方式 佐賀大
第3回 1983年10月 協同組合思想の源流と展開 明治大
第4回 1984年10月 協同組合運動と地域社会 灘神戸生協
第5回 1985年10月 協同組合制度をめぐる諸問題 東京農大
第6回 1986年9月 協同組合の規模と連合会機能 北海道大
第7回 1987年10月 食管制度と協同組合 大学生協連
第8回 1988年10月 生産協同組合の意義と可能性 日本大(商)
第9回 1989年10月 協同組合の理事体制をめぐる諸問題 愛知県農林会館
第10回 1990年10月 日本における協同組合運動の現段階的特徴と基本的価値 国学院大
第11回 1991年10月 協同組合運動の展開と協同組合原則 宮崎産業経営大
第12回 1992年11月 協同組合における事業・組織改革の方向 山形大・いこいの村庄内
第13回 1993年10月 協同組合における職員の役割と課題 京都大
第14回 1994年10月 協同組合経営の現段階と経営者問題

常葉学園

浜松大

第15回 1995年10月 現代協同組合の組織再構築の課題 コープこうべ
第16回 1996年9月 今日の食糧問題と協同組合の課題 東京農大(オホーツクキャンパス)
第17回 1997年9月 戦後50年協同組合運動の総括と展望 愛媛大
第18回 1998年10月 福祉社会の創造と協同組合 宇都宮大
第19回 1999年10月 環境共生社会の創造と協同組合 九州大
第20回 2000年10月 21世紀における協同組合の組織・事業・経営
―学会20年の議論をふまえて―
東京農大(世田谷キャンパス)
第21回 2001年10月 協同組合における事業システムの基本問題と革新方策
―単協と連合組織等の事業ネットワーク化を探る―
池坊学園短期大学
第22回 2002年10月 構造不況下に協同組合は協同戦略をどう構築するか 弘前大
第23回 2003年11月 協同組合運動の到達段階と戦略課題
―日本社会再生における役割を探る―
明治大
第24回 2004年10月 協同組合事業の子会社化とアウトソーシング 広島大学
第25回 2005年10月 現代社会における地域福祉と協同組合セクター 山梨学院大学
第26回 2006年9・10月 地域社会の変化と協同組合の組織問題 新潟大学
第27回 2007年10月 協同組合とソーシャル・キャピタル 島根大学
第28回 2008年9月  共済の課題と展望 福島大学
第29回 2009年9月 地域に立脚した新たな社会経済システムの形成
―連帯する経済の中の協同と協同組合の実践―
酪農学園大学
第30回 2010年10月 「レイドロー報告30年間」と現代協同組合運動
ーレイドロー報告のアプローチ
佐賀大学
第31回 2011年10月 東日本大震災・原発事故からの復興
ー協同組合は何を提言できるかー
神戸大学
第32回 2012年9・10月 パラダイム転換と協同組合~お任せから自立的参加へ~ 福井県立大学
第33回 2013年10月 協同組合で拓くコミュニティの可能性

明治大学

第34回 2014年10月 非営利・協同セクターでの仕事と働き方

愛媛大学

第35回  2015年10月 未来社会にむけた協同組合の選択:サスティナブルな「協同のプラットフォーム」づくり 

岐阜大学

第36回 2016年10月 これでいいのか協同組合 ~その主体性を問う~

北海道大学

第37回 2017年9月  

徳島大学

※大会の座長、報告者、および大会開催時の会長、副会長の表記は省略(日本協同組合学会会員名簿に記載されています)

日本協同組合学会春季研究大会一覧

  年月  共通論題  会 場
第1回 1982年5月 協同組織金融の現状と問題点 全信連会館
第2回 1983年5月 協同組合間協同の課題と実践 宮城県農協中央会
第3回 1984年5月 これからの共済事業をめぐって 農協ビル
第4回 1985年5月 高度情報化社会と協同組合 農協ビル
第5回 1986年5月 協同組合の商品政策 日本大(経)
第6回 1987年5月 協同組合と教育 信州大
第7回 1988年5月 協同組合における組合員組織―特性、現状、未来― 中央協同組合学園
第8回 1989年5月 国際協同組合運動と日本 明治大
第9回 1990年5月 協同組合の基本的価値をめぐって
―マルコス報告の背景と検討問題―
農協ビル
第10回 1991年5月 協同組合の資本形成をめぐる諸問題
―基本的価値論議との関連で― 
全労済会館
第11回 1992年5月 協同組合による地域社会づくり
-国際協同組合運動の動向をふまえて-
慶應義塾大
第12回 1993年5月 第30回ICA東京大会の意義と協同組合の展開方向 JAビル
第13回 1994年5月 協同組合の社会的役割をめぐって
―協同組合運動は現代社会にどのように関わるか―
全共連
第14回 1995年5月 協同組合原則改定案の検討
―21世紀の協同組合を展望して―
日本大(農獣医)
第15回 1996年5月 今日における協同組織金融の存立基盤と展開方向 工学院大
第16回 1997年5月 日本協同組合法制をめぐる諸問題
―「統一協同組合法」の可能性を探る―
日本大(経)
第17回 1998年5月 NPOと協同組合―その社会的役割― 全労済会館
第18回 1999年5月 協同組合の民主主義をめぐる諸問題 明治大
第19回 2000年5月  協同組合における男女共同参画と世代連携
―新しい地域社会づくりをめざして―
日本生協連
第20回 2001年5月 協同組合における経営管理体制の基本問題
―協同組合とコーポレート・ガバナンス―
法政大学(市ケ谷キャンパス)
第21回 2002年5月 構造不況下における協同組合の事業環境と経営課題 青山学院大
第22回 2003年5月 「食」と「農」のあり方と農協改革 JA全国教育センター
第23回 2004年5月 協同組合の資本問題と会計制度
―資本と会計面から協同組合の本質をさぐる―
労働金庫
第24回 2005年5月 アジアの協同組合の現段階-その特質、役割、展望- 麻布大学
第25回 2006年5月 共済事業の今日的意義と法規制問題 JAビル
第26回 2007年5月 存在意義が問われる協同組織金融機関の展望 駒澤大学
第27回 2008年5月 協同組合のメンバーシップをめぐる諸問題 明治大学
第28回 2009年5月 協同組合法の会社法への接近を分析する 東京海洋大学
第29回 2010年5月 レイドロー報告30年 協同組合運動におけるその意義と現代性 東京農業大学
第30回 2011年5月 協同組合の社会的価値を問う
ー国際協同組合年と協同組合憲章ー

主婦会館プラザエ

第31回 2012年5月 グローバル化に対する協同組合の対応と対抗

日本生協連本部

第32回  2013年5月   原子力災害から農とくらしの復興を ~食・エネルギーと協同組合間協同~

杉妻会館(福島県)

第33回 2014年5月 『小さな協同』論を考える―今日的意義と実現条件―

立教大学(新座キャンパス)

第34回 2015年5月 経済のグローバル化と地域・社会・協同の新しい形-「メゾ領域」における協同の主体形成に向けて-

日本大学(藤沢市)

第35回 2016年5月 地域における生活・生産の当事者から、協同組合運動をエンパワーする 聖学院大学(埼玉県)

 

第36回 2017年5月 地域のニーズに、協同組合は連携、連帯してどう応え、また、それによってどのような地域社会をつくるのか  JAビル
※大会の座長、報告者、および大会開催時の会長、副会長の表記は省略(日本協同組合学会会員名簿に記載されています)
第20回から「春季研究大会」に各称を変更。

日本協同組合学会秋季研究会一覧

  年月  共通論題  会 場
第1回 1981年11月 わが国における協同組合研究の歩み 中央協同組合学園