日本協同組合学会・新着情報

■日本協同組合学会第36回大会は、2016年10月7日(金)~9日(日)に、北海道大学農学部にて開催されます。

詳細は、こちら。

 

 

■女性部会開催のお知らせ

 

日時:2016年8月6日(土)15時~18時あたりを予定
場所:生協総研会議室(四谷プラザF5階)を予定
テーマ:「女性と貧困」協同組合は何ができるのか その2 ~くらす力から貧困問題を考える~

 

 

■新理論研究会 「協同組合ナショナルセンターの可能性を考える~その2」

開催趣旨
 今期(第十八期)の学会では、ナショナルなレベルでの協同組合間連携を深化させるべく、その可能性と課題(困難)の検討に努めることが常任理事会でも確認され、4月に第一回目の新理論研究会を開催しました。
 ナショナルなレベルでの協同組合間連携をめぐっては、その意義やあり方をめぐる考えも多種多様ですが、これまでも、事業領域によっては本格的な協力事例が形成されつつあり、またローカルなレベルでも、異なる領域の協同組合が集い、学習会や事業の共同開催等が重ねられてきています。こうした動向を受け、第二回目の新理論研究会では、第一報告として共済事業を事例に、事業領域別の連携の形成過程と到達段階を、また第二報告としてローカルなレベルでのネットワーク構築の様相と課題を学びます。
 ナショナルセンターの可能性をさぐる土台的な議論の場となりますので、皆様のふるってのご参加をお待ちしています(企画担当理事)。

※資料準備の関係で、あらかじめ学会事務局宛にご出席のお申込みをお願いします。

①日時 2016年8月19日(金)17時~19時45分
②場所 明治大学 グローバルフロント 4021教室(中央線 御茶ノ水駅下車)
③内容
 第1報告 日本共済協会理事兼企画部長 武田俊裕氏
  「共済事業の組織横断的連携の現状と方向性~日本共済協会の果たす役割~」
 第2報告 JC総研 協同組合研究部長 前田健喜氏
  「都道府県単位での協同組合間連携の動向と、連携構築の事例分析」
④次第(予定)
 17時00分~17時10分 開会挨拶(石田会長)10分
 17時10分~18時00分 第1報告 50分
 18時00分~18時20分 質疑・討論 20分
 休憩 5~10分
 18時30分~19時20分 第2報告 50分
 19時20分~19時30分 質疑・討論 10分
 19時30分~19時45分 ※都道府県別協同組合連携事例調査プロジェクト提案
 19時45分 終了

日本協同組合学会理事会は、このたび、以下のとおり、TPPの批准承認に反対する旨の意見表明を「理事会名」にて公表することとしました(5月13日決定)

TPPの批准承認に反対する旨の意見表明
TPP批准反対声明 理事会確定版20160513(石田会長最終版).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 146.6 KB

 

学会賞の推薦をお願いいたします。(16/03/16) 

表彰規程を更新しました。(16/1/8)

学会賞(学術賞・実践賞)の様式掲載しました。(15/06/23)

『協同組合研究』投稿規程が改正されました。 (15/03/24)

学会賞表彰規程細則が改正されました。 (14/7/19) 

日本協同組合学会会則が改正されました。 (12/09/29)  

*第34回秋季大会総会において『協同組合の自己改革の道を閉ざす政府介入に対するアピール
 を特別決議として採択しました。(14/11/04) 

 

学会事務局

〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11番地 
  飯田橋レインボービル5階 JC総研(日本協同組合総合研究所)
  協同組合研究部 内  日本協同組合学会事務局
  TEL:03-6280-7254 FAX:03-3268-8761
  E-mail:kyodo-gakkai<アットマーク>jc-so-ken.or.jp

           ※<アットマーク>は@に変換してください。

 

【ご所属・ご連絡先等の変更】の際は、事務局までお知らせください。